コンビニ利用者は必見!三井住友カード(NL)は若者の味方となるか

どうも。シバリョウです。

Uターン退職を見据えて、クレジットカードを作成しました。

そこで選んだカードが、三井住友カード(NL)でした。

発行から1カ月ちょっと経ちましたので、使用感のレビューをしてまいります。

携帯料金などの月々固定の支払い以外は、三井住友カード(NL)を使用しての感想となります。

こういうご時世なんで、ちょっとした買い物くらいでした使用してませんが、便利なものです。

実際に付与されたポイントについても、紹介してまいります。

①三井住友カード(NL)

年会費無料の個人用カード。

高頻度でコンビニを利用する人にとって、ポイント5%は大きな魅力です。

タバコ買う人なんかは、かなりおすすめです。

一万円分買えば、1箱分が戻ってくるイメージでOK。

単身の方は、サブカードとしての利用がおすすめです。(上のグレードが無いため)

タッチ決済も大体の店舗は導入されてますので、特に不便はありませんでした。

むしろ、タッチ決済に慣れると、これまでの方法にセキュリティー上の不安を覚えるほどです。

アプリで、使用後のお知らせの設定ができますが、そのプッシュ通知が少し鬱陶しいかなと。

通知なしもできますが、不正利用のことを考えると設定が望ましい。

アプリ自体もほぼリアルタイムに近い形ですので、使用金額が常にチェックできるのは安心ですね。

iPhoneであれば、指紋認証でログインも楽ちんです。

この一カ月は、これまでのメインカードは、ほぼ使いませんでした。

オンラインの決済くらいでしょうか。

それぞれの使用感を比べると、三井住友カード(NL)に軍配が上がります。

②Vポイントについて

4月に発行してますのでキャンペーンの対象となってます。

貰えたポイントがこちら、

  • ギフト分の1000ポイント
  • 通常使用分の101ポイント
  • コンビニ等のタッチ決済分320ポイント
  • 20%上乗せ分のキャンペーンポイント1351ポイント

以上です。

合計で、2772ポイント獲得

ポイント付与の締め日の関係で、来月に回った分が大分ありそうです。

コンビニのお世話になることが多いので、今後の累積を考えると結構な数字になりそうですね。

カードからのアプリへのポイント移行の手続きは簡単です。

いまいち感覚がつかめませんでしたが、慣れれば問題ないかと思います。

Vポイントですが、使い道も色々選べます。

オンラインギフトカードは、交換レートが下がったのことがマイナス要素です。

キャッシュバックでの使用が、おすすめです。

③不満点

不満点は今のところ思いつきません。

強いてあげれば、Vポイントの交換レートの変更くらいでしょうか。

コンビニ以外のポイント還元は弱いですが、そこは使い分けましょう。

④まとめ

実際に三井住友カード(NL)を一カ月使用してみての、感想とポイントの獲得状況を紹介してまいりました。

キャンペーンポイントについては締め日の関係で、実際の使用金額の割合と異なります。


ひと月使ってみて思ったのは、メインカードとのポイント付与率に大きな差があったことです。

自分の生活状況に合わせて、クレジットカードを選ぶことが大事ですね。

これまで所謂ポイ活には興味ありませんでしたが、これだけ貰えるとね・・・

俄然興味が湧いてまいります。

クレジットカードとしては、文句無しの使用感です。

時期によってキャンペーンの内容が違いますので、お得なキャンペーンの時に検討してみては如何でしょうか。

アプリが便利なことと、コンビニ利用率が高いので、固定費の支払い以外はこれ一枚でOK。

これだけキャッシュレスが浸透している中で、貨幣のデザイン変更に意味があるのか。

使用者側から見るとあまりありませんが、タンス預金を一掃することが目的なのかねぇ?

それではまた。

最新情報をチェックしよう!