注文住宅のメリット・デメリットとは?想定しておく建築費用についても解説

マイホームの購入を検討する上で、注文住宅と建売住宅のどちらを選ぶかで悩まれる方は多いものです。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分たちの暮らしに合う方法を選ぶ必要があります。

そこで今回は、注文住宅のメリット・デメリットについて解説してまいります。地方では、注文住宅しか選択肢がないケースも想定されますので、建築費用の幅による違いも併せて説明します。

注文住宅とは?オーダー方法は要チェック

注文住宅とは、所有している土地やこれから購入予定の土地に、自分たちの希望をオーダーして建てる新築住宅のことです。自分たちの理想の暮らしを形にしやすいため、こだわりのお家を立てたい方におすすめ。

一口に注文住宅と言っても、そのありようは様々であり、大きくは以下の通りに分類されます。

  • フルオーダー住宅
  • セミオーダー住宅

それぞれ順番に解説します。

フルオーダー住宅

フルオーダー住宅とは、外観・間取り・仕様のすべてを自分たちに決める注文住宅のことです。あくまでも予算の範囲ではありますが、自分たちの理想の住まいを形にできます。その分、ハウスメーカーとの折衝に配慮が必要であり、自分たちの要望をしっかりと相手方に伝えるコミュニケーション能力が求められます。

セミオーダー住宅

セミオーダー住宅とは、仕様やパターンがある程度決まっており、自分たちの好きな組み合わせを選んで作る注文住宅です。どこまで選べるかは、ハウスメーカー次第となりますので、選べる範囲で満足できるかどうかを見極める必要があります。

注文住宅を選ぶメリット

注文住宅を選ぶメリットはたくさんありますが、自分たちの思い描く暮らしにどの程度影響があるかを考えなければなりません。面倒なことはありますが、家づくりの醍醐味を味わえます。

  • 設計自由度の高さ
  • 予算調整のしやすさ
  • 建築過程の確認

順番に解説します。

設計自由度の高さ

注文住宅を選ぶ一番のメリットは、設計自由度の高さにあります。セミオーダーや建売住宅でも、満足のいく家はできますが、本当の意味でのオリジナルは完全自由設計のフルオーダーだけです。100%の満足を求めることは予算の都合で難しいかもしれませんが、自分たちで苦心して作り上げる家は何物にも代えがたいものです。

注意点として、ハウスメーカーとの折衝が挙げられます。限られた時間の中で、自分たちの要望を正確に伝える必要がありますので、どんな家に住みたいかをイメージしておきましょう。その上で、予算と相談しながら優先順位をつけることをおすすめします。

予算調整のしやすさ

予算調整のしやすさも、注文住宅を選ぶメリットの一つです。注文住宅は建築費用が高いという指摘は、否定できません。建売住宅と比較すると、土地取得費用を含め住宅取得費用は高額になりがちです。しかしながら、注文住宅だからこそできる予算調整の方法もあります。優先順位に従い、メリハリを付けることで、全体の建築費用を調整してみましょう。

建築過程の確認

住宅ができる過程を確認できることもメリットの一つ。家が徐々に形になる様を見ることは、家づくりの醍醐味といえるでしょう。工事が始まれば、後は完成するのを待つばかり。これからの暮らしをイメージしながら見守りましょう。

注文住宅を選ぶデメリット

注文住宅にはデメリットも存在します。メリットにも共通することですが、当てはまるかどうかは人それぞれです。自分たちにどのような影響があるかを見極める必要があります。

  • 建築費用が高い
  • 完成までの期間が長い
  • 資金計画が複雑

順番に見ていきましょう。

建築費用が高い

住宅取得費用(全国平均)
注文住宅約4,397万円(建築費用2,961万円+土地1,436万円)
建売住宅 約3,495万円
※2020年度フラット35利用者調査より

注文住宅を選ぶデメリットとして、建築費用が高いことが挙げられます。2020年度フラット35利用者調査によると、注文住宅と建売住宅の平均取得費用の差は902万円となりました。単純に建築費用を比べたわけではありませんが、それでも注文住宅は何かと予算が増えるものです。妥協すべき点は妥協して、予算の中で最大限の満足を目指しましょう。

完成までの期間が長い

住宅完成での期間が長いこともデメリットの一つ。土地の取得から引き渡しまでの期間は、おおよそ8ヶ月~15ヶ月程度となります。土地探しが不要であれば、半年程度で済み始めることも可能ですが、建売住宅やマンションに比べると完成までの期間はデメリットといるでしょう。将来のライフイベントを想定し、そこから逆算して計画を進めて下さい。

資金計画が複雑

資金計画が複雑になる点も注意が必要です。土地の取得費用に加え、注文住宅では契約金・着工金・中間金など支払いのタイミングが異なることが理由です。基本的に、住宅ローンの融資実行は建物引き渡しのタイミングとなるため、つなぎ融資や分割実行などの対応が求められます。建売住宅やマンションに比較して、資金計画が煩雑である点は否めません。

注文住宅で想定しておくべき費用

建物取得費用=本体工事費用(7割)+付帯工事費用(2割)+諸経費・その他費用(1割)

注文住宅にかかる費用は、建物本体工事費用だけではありません。

本体価格2,000万円のケースでは、付帯工事費400万円、諸経費・その他費用200万円の合計2,600万円が建物取得費用の目安です。

付帯工事には、造成工事・基礎補強工事・インテリア電設工事関連などが含まれます。

諸経費・その他費用には、登記費用・印紙代・住宅ローン手続き費用・火災保険などが含まれます。

本体工事に含まれる範囲は建築会社により異なるますので、物件を比べる際は、本体価格だけでなく、設備の標準仕様や工事内容も確認することをおすすめします。

価格帯別の注文住宅の特徴

注文住宅の建築費用は高いと述べましたが、セミオーダーなど低価格帯を売りにしたハウスメーカーも存在します。予算が少なくても注文住宅をあきらめる必要はありません。低価格を実現する理由が確かなものであれば、低予算でも質の高い注文住宅を建てることは可能です。

  • 1,000万円台
  • 2,000万円台
  • 3,000万円台

順番に解説します。

1,000万円代

外観やデザインをシンプルにして、仕様や建築面積を制限することで、低価格帯を実現しています。大手ハウスメーカーに加え、地元の工務店も供給しているため、建築会社の選択肢は豊富といえるでしょう。ある程度の制限はありますので、自分たちの建てたい家に合った建築会社を選ぶことで、満足できる家を目指して下さい。

2,000万円台

2,000万円台であれば、ある程度広さやデザインなど自分たち好みの家づくりが可能となります。すべての要望を叶えることは難しいかもしれませんが、建築会社によってはフルオーダーで自分たちだけのオリジナルの家づくりができるでしょう。

3,000万円台

先に述べた通り、注文住宅の平均取得費用は2,961万円(土地取得費用は別)となりますので、多くの方が自分たちの思い描く家づくりができる価格帯といえるでしょう。注意点として、毎月の返済に無理のない借入金額を決めることが挙げられます。理想の家を取得したと言えども、返済に追われる状況では、快適な暮らしは望めません。

注文住宅に関するよくある質問をピックアップ

注文住宅を検討している方が疑問に感じる質問をまとめています。大きな買い物ですから不安があるのが当たり前の話です。自分たちでも調べつつ、ハウスメーカーとの打ち合わせで曖昧な点を残さないようにして下さい。

  • 注文住宅を建てる際の注意点は?
  • 建築費用の支払い方法は?
  • 注文住宅は後悔する?

順番に見ていきましょう。

注文住宅を建てる際の注意点は?

注文住宅を建てる際の注意点は、予算と住宅の質のバランスを考えることです。注文住宅ではあれもこれもと希望が出てきますし、建築会社から進められるがままに予算が積み上げることも・・・・・・

基本的には、予算は絶対に守るべきものです。借入が増えれば、それだけ返済の負担が家計に重くのしかかります。快適な暮らしを実現するために、優先順位を決め、メリハリをつけて予算を調整することをおすすめします。

建築費用の支払い方法は?

支払い金額(概算)
契約金請負金額の10%
着工金請負金額の20%
中間金請負金額の20%
残代金請負金額の50%

注文住宅の建築費用の支払い方法は分かりにくいものであり、建築会社によっても異なります。上記の表は一例ですので、建築会社に確認が必要です。

注意点として、契約金や中間金に多く支払いを求める建築会社には注意が必要です。資金繰りに問題がある会社を見極めるポイントであると覚えておきましょう。

注文住宅は後悔する?

中には注文住宅を建てて後悔している人もいます。共通するポイントとして、自分たちの暮らしをイメージせず建築プランを決めたケースが多いようです。他の方の失敗談が必ずしも自分たちに当てはまるわけではありませんが、参考に取り入れることが後悔しないための有効な手段になります。

まとめ:注文住宅の特徴を理解して選ぶ

ここまで、注文住宅のメリット・デメリットについて解説してまいりました。家を建てる際は、どんな家に住みたいかをイメージすることが重要です。理想の家から逆算して、注文住宅を選ぶことが自分たちに合っているかを考えてみましょう。建売住宅もマンションもそれぞれメリット・デメリットがありますので、色々な面を比較して自分たちに合った方法を選んで下さい。

また、注文住宅では建築会社選びも重要なポイントです。建築会社ごとに強みや特徴が違いますので、自分たちの建てたい家に合った会社を選ばなければなりません。家づくりは大変なことも多いですが、多くの方が建てての良かったと感じています。悔いを残さないためにも、準備段取りを大切にして下さい。

最新情報をチェックしよう!