建売住宅のメリット・デメリットとは?失敗しないための選び方も解説

マイホーム購入を検討する上で、建売住宅も検討すべき選択肢の一つです。注文住宅と比較して、どちらが自分たちに合っているか悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、建売住宅のメリット・デメリットについて解説します。購入にあたり想定しておくべき費用についても説明していますので、建売住宅の購入を検討中の方は、ぜひとも最後までお付き合い下さいませ。

建売住宅とは?特徴を解説

建売住宅とは、土地とセットで販売される完成済みまたは建築予定の住宅のことです。土地の仕入れや建材のスケールメリットを生かした、比較的安価で購入できることが特徴。

自分たちでプランを組み立てるのではなく、既存のプランから自分たちの暮らしに合ったものを選ぶため、建築会社選びが重要になります。建売と一口に言っても、価格帯は様々なので、どんな家に住みたいかを十分に練った上で、資料請求やモデルハウスを見学することをおすすめします。

パワービルダーと呼ばれる全国展開のハウスメーカーから、地元の工務店や不動産会社など選択肢は豊富にありますので、それぞれの会社の強みや特徴を把握しておく必要があります。

建売住宅を購入するメリットは?

建売住宅のメリットは多くありますが、すべての要素が自分たちに良い影響を与えるとは限りません。自分たちの暮らしをイメージしながら、注文住宅や分譲マンションと比較してみましょう。

  • 価格が安い
  • 入居までの期間が短い
  • 資金計画が分かりやすい
  • 実際の物件を見学できる

順番に解説します。

価格が安い

建売住宅を購入する最大のメリットは、住宅取得費用が少なく済む点です。スケールメリットによる低価格の実現により、同程度の注文住宅と比較して価格が安い傾向にあります。既存のプランから選ぶため、こだわりを持ち込むことはできませんが、自分たちの条件に合う立地やプランがあれば、おすすめの選択肢となり得ます。

入居までの期間が短い

入居までの期間が短い点もメリットに挙げられます。すでに完成している物件であれば、住宅ローンの兼ね合いはあるものの、概ね1ヶ月から2カ月程度での入居も可能です。自分たちのライフイベントに合わせた住宅取得プランが立てやすい点もメリットと言えるでしょう。

資金計画が分かりやすい

住宅ローンの融資実行は物件の引き渡し時が原則であるため、注文住宅に比較して資金計画の段取りが組みやすい点も、建売住宅を選ぶメリットと言えるでしょう。土地と建物がセットになっているからこそのメリットであり、つなぎ融資などの余計な費用の発生を気にする必要がありません。

実際の物件を見学できる

完成済の物件に限られますが、実際に物件を自分の目で確認できる点も、建売住宅のメリットです。家づくりでよくある後悔の一つに「イメージしていたものと違った」というものがあります。未完成物件の場合は、モデルハウスで同程度のグレードの物件を確認してイメージを固めましょう。

注意点として、人気エリアの建売住宅は早い者勝ちの側面もありますので、条件の良い物件を選ぶためには、即断即決が求められる場面もあります。購入すべきかどうかを正しく判断するためにも、事前に家族で住みたい家のイメージを共有して、優先順位を決めておくとよいでしょう。

建売住宅と購入するデメリットは?

一方で、建売住宅にはデメリットも存在します。メリット同様、自分たちの暮らしにどのような影響があるかを考えて、注文住宅や分譲マンションと比較してみましょう。

  • 標準仕様のグレードが低い
  • 延床面積の制限
  • 追加費用の発生

順番に解説します。

標準仕様のグレードが低い

建売住宅は標準仕様のグレードが低い傾向にある点に注意が必要です。建築会社次第という部分もありますが、低価格を実現している理由を見極めなければなりません。建材や人件費は上昇傾向にあり、営業努力でカバーするにも限界があります。他社と比較して、金額が極端に低い場合は、特に注意しておきましょう。

延べ床面積の制限

延床面積に一定の制限がかかることもデメリットの一つ。土地の仕入れ・区画整理から販売を考えると、極端に広い敷地は望めません。広すぎず狭すぎずの万人受けする面積となり、おおよそ30坪前後が建売住宅の標準的な広さとなります。100㎡あれば、一般的な改定であれば十分な広さといるでしょうが、家族構成によっては物足りないと感じる方もいるでしょう。

追加費用の発生

オプション費用の発生にも注意が必要です。標準仕様のグレードが低い傾向にありますので、網戸・サッシ・外構工事などの追加で必要な費用を確認しておきましょう。建築会社によって、本体工事に含まれる内容は異なりますので、他社と比較する際は、金額だけでなく標準仕様の設備内容も確認して下さい。

失敗しない建売住宅の選び方について

Child’s hand drawing checking box and check words

建売住宅にはメリット・デメリットが存在しますので、それぞれが自分たちの考える暮らしにどの程度影響するかを考えなければなりません。失敗しないためのポイントも人それぞれ異なりますので、自分たちの暮らしをイメージしながら考えてみましょう。

  • 同社が建てた他の物件を確認する
  • アフターサービスを確認する
  • 住環境の事前リサーチ
  • 標準仕様の確認と比較

順番に解説します。

同社が建てた他の物件を確認する

失敗しないためのポイントの一つは、検討中の建築会社が建てた他の物件を確認することです。モデルハウスだけでなく、工事中の現場があれば近くから様子をうかがうのもよいでしょう。大手ハウスメーカーであれば下請けの業者の可能性が高いですが、現場の保全状態や職人さんの雰囲気など参考になる点は多くあります。

また、インターネットで口コミを確認するのもよい方法ですが、主観的な意見も多いので、全てを鵜吞みにしてはいけません。

アフターサービスを確認する

基本的にはどの建築会社も10年程度のアフターサービスはついていますが、30年・40年と長く安心して住むためには、質の高いアフターサービス体制が望ましい。大手ハウスメーカーでは、マニュアル化による安定したアフターサービスが望めますが、地元の工務店については会社次第という部分も否めません。木造住宅では定期的なメンテナンスが欠かせませんので、信頼できる建築会社を選ぶことも建売住宅では重要なポイントです。

住環境の事前リサーチ

住みたいエリアの住環境を確認しておくことも重要なポイント。以前に住んでいた地域であっても、現地に足を運び、住環境の確かめることをおすすめします。ゴミの出し方や車通りなどでも、購入を判断するポイントとなり得ます。

標準仕様の確認と比較

建売住宅を選ぶ上で、標準仕様を確認して比較することが失敗しないためのポイントです。住宅設備はもちろん、本体工事に含まれる工事内容など、他社の物件と比較する場合は、金額だけを見てはいけません。本体価格が安くとも、付帯工事やオプション追加で予算が積み上がる可能性もあります。コミコミの記載があっても、トータルの費用を算出した上で、購入を判断して下さい。

建売住宅のイメージは?

建売住宅と聞いて、中には悪いイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれません。ひと昔前の供給を優先し、粗悪な建売住宅が広まった時代のイメージは今でも残っています。

しかしながら、建築基準法の耐震基準の変更や品確法の施行により、質の悪い建売住宅は少なくなりました。品確法に含まれる10年間の保証が、手抜き工事のリスクを押さえていることが大きな理由です。

建売住宅は外観などデザイン面での個性を出しにくいため、周辺の物件と違いは出しにくいものの、シンプルモダンなデザインや使い勝手の良い間取りは多くの方に喜ばれています。

建売住宅によるある質問

建売住宅に関するよくある質問をまとめていますので、建売を検討中の方は参考にしてみて下さい。

  • 建売住宅は長く住めない?
  • 注文住宅との割合はどんなもの?
  • 建売住宅は価格が安いけど大丈夫?

順番に解説します。

建売住宅は長く住めない?

建売住宅でも長く安心・安全に暮らせます。基本的に、注文住宅も建売住宅も住宅の寿命に大きな差はありません。住宅寿命を決めるポイントは、建築時の劣化対策と定期的なメンテナンスに依存します。その分、建築会社選びが重要であるといえるでしょう。

注文住宅との割合はどんなもの?

2020年度フラット35利用者調査によると、注文住宅34,041戸に対し、建売住宅19,691戸となり、注文住宅が多く選ばれていることが分かりました。

都道府県別でみると建売住宅が多い地域もあり、地方ではその傾向が強くなります。

地価の高いエリアでは、建売住宅が選ばれており、地域によっては建売自体の売り出しがほとんどないケースもあることが理由です。

建売住宅は価格が安いけど大丈夫?

低価格を実現する理由が分かれば問題ありません。建築会社ごとに、様々な営業努力をしていますので、低価格を実現する理由を確認して下さい。何も説明がないにもかかわらず、他社の同程度の物件と比べ金額が安い場合は要注意です。

まとめ:建売住宅の特徴を把握して自分たちに合った建築会社を選ぶ

ここまで、建売住宅のメリット・デメリットについて解説してきました。メリット・デメリットが自分たちの暮らしにどんな影響を与えるかを把握して、注文住宅や分譲マンションを比較してみましょう。より良い住まい方は人それぞれ違いますので、他の方の失敗談もすべてを鵜呑みにせず、自分に置き換えて家族で共有することが大切です。

住みたいエリアに物件があれば、注文住宅と比較しながら検討してみましょう。注文住宅よりも低予算で同程度の満足を得られることが、建売住宅の魅力とも言えます。

最新情報をチェックしよう!