期待の死にゲー「Wo Long: Fallen Dynasty」は仁王を超えるのか?チートトレーナにも期待

  • 2022年6月15日
  • 2022年6月15日
  • ゲーム
  • 702View
  • 0件

仁王シリーズなどを手掛ける「Team NINJA」が送る期待の三國死にゲーが発売決定!!

タイトル名は「Wo Long: Fallen Dynasty」(ウォーロン フォールン ダイナスティ)であり、タイトルを直訳すると「臥龍:落ちた王朝」となります。

臥龍・・・・・・諸葛亮のことでしょうか?

それとも漢王朝の末裔・・・・・・高祖・劉邦の末裔の可能性もあるかもしれません

主人公は名もなき義勇兵とのことなので、諸葛亮な関係なさそうですが、当然出てくるはず。

なぜなら、物語の舞台は後漢末期の三國志時代。

仁王シリーズ同様に、歴史上の人物がそれはもうたくさん登場することでしょう。

こんな期待しかない三國死にゲーについて、現時点で判明している点について解説していきますので、仁王シリーズファンはもちろん、死にゲー好きの方はぜひとも最後までお付き合い下さい。

Wo Long: Fallen Dynasty(ウォーロン フォールン ダイナスティ)はどんなゲームになるのか?

「Wo Long: Fallen Dynasty」は死にゲー風のアクションRPGであり、プレイ感は仁王に近いものが予想されます。

仁王シリーズの様に歴史を追いつつ、独自の物語が展開されていくでしょう。

主人公は誰なのか?

現時点では、主人公は名もなき義勇兵ということしか判明していません。

キーワードはティザートレーラーに出てくる「不死の丹田を持つものよ」という言葉です。

落ちた王朝・・・・・・不老不死・・・・・・もしかすると始皇帝に関係があるのでしょうか。

義勇兵ということなので、劉備サイドで物語が進むことが予想されますが、そうなると物語りの本流は三国志演義をたどることになります。

しかしながら、物語壮大すぎてゲームの結末が全く予想できません。

ちなみに、漫画の「覇-LORD-」では主人公が劉備に成り代わり物語が進んでいきますが、同じパターンは考えづらいので、主人公は歴史上の人物ではなく、名もなきオリジナルキャラクターになることが予想されます。

主人公のキャラクリは可能なのか?

仁王1の主人公はウィリアム・アダムスがモチーフでしたが、仁王2ではオリジナルキャラクターでした。

「Wo Long: Fallen Dynasty」では、現在のところ仁王2のようなオリジナルキャラクターを作って、ゲームをプレイすることが予想されますが、果たしてどうなるのか?

キャラメイクも悪くないのですが、仁王2では物語へのかかわり方が薄く、いまいちと感じたかも多いでしょう。

「エルデンリング」ぐらい振り切った作品であれば問題はなかったのですが、物語がきちんとしているため、変に目立ってネガティブな要因となってしまいました。

続報を待ちましょう。

ゲームの物語の結末はどうなるのか?

ゲームの舞台は、西暦184年、戦乱と荒廃に支配された後漢末期の中国。
所謂、三国志の世界観です。

歴史の流れにがっつりかかわってくるのか、歴史の裏で活躍するのかによりますが、主人公次第となりそうです。

歴史上の登場人物をモチーフにしていれば、展開は読みやすいものの、オリジナルキャラクターになると全く分からなくなります。

妥当なところは劉備サイドで、最終的に曹操率いる魏がラスボスに回り、実のところ裏で暗躍していたキャラクターが本当のラスボスでした。

よくある展開なので、これは安易な予想にすぎるかもしれません。

オンライン様相はどうなるのか?

仁王シリーズでもにぎやかし程度のオンライン要素はありました。

まれびとシステムに助けられた方も多いでしょう。

同じようなオンライン要素は予想できますが、基本的に死にゲーにオンライン要素は必要ありません。

程ほどで良いです。

Wo Long: Fallen Dynastyの発売日は?

「Wo Long: Fallen Dynasty」の発売日は2023年初旬となりますが、エルデンリング以上に期待できる作品となるでしょう。

株価も・・・・・・・動きます。

まだまだ先の話となりますが、ゲーム詳細の続報に期待したいところです。

Wo Long: Fallen Dynastyのチートトレーナーは?

Wo Long: Fallen Dynastyのチートトレーナーも登場が予想されます。

仁王シリーズでも大変お世話になりました。

敷居が低いとはいえでも、死にゲーは死にゲーであり、クリアできない人はゲームをやめるしかない。

それでもっ!!

チートトレーナー・・・・・・(すごい馬鹿な音と共に)

レベル上げやダメージ調整など一通りの機能に期待したいところです。

ゲームの特徴

【1】攻防一体の中華アクション
流麗に攻防が転じる中国武術をベースとした剣戟アクションによって、
苛烈に攻め、敵の攻撃を刹那に捌く、緊張感あるバトルが繰り広げられます。

【2】三国乱世のダークファンタジー
名もなき義勇兵が妖魔はびこる三国乱世に立ち向かいます。
後漢末期の「三国志」とダークファンタジーが融合したオリジナルストーリーが展開します。

【3】逆境に立ち向かう新たな戦略
強敵を討ち士気を奮い立たせることで、内なる力を呼び覚まします。
この「逆境」をテーマとした新しい戦略で攻略の幅が広がります。

コーエーテクモゲームスより

まとめ:Wo Long: Fallen Dynastyは神ゲーの予感

仁王シリーズを手掛けた開発チームとあらば、Wo Long: Fallen Dynastyは神ゲーで間違いないでしょう。

仁王シリーズの「死にゲー×ハクスラ」の組み合わせは、とても秀逸でありました。

続報が届き次第更新していきますので、みんなでゲーム発売日を楽しみに待ちましょう。

最新情報をチェックしよう!